審査なしでお金を借りる方法はあるのか|無職でもお金を借りられる方法も解説

なんらかの理由があって、お金を借りたいと考える方が真っ先に思いつくのはカードローン契約ではないでしょうか。

カードローンでお金を借りるときは、審査は一つの不安材料になります。

こちらの記事では、今すぐお金を借りたいけれど、審査が下りるか心配という方向けに、お金を借りる具体的な方法について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • カードローンでお金を借りる場合は全て審査がある
  • カードローン会社によって、利用条件や借入できる上限額が異なる
  • 最短30分でお金を借りられる
  • 現在働いていない方でも状況にあなたの状況に応じてお金を借りるられる
  • 従業員貸付制度なら審査基準が甘め
目次

審査なしでお金を調達する方法

審査なしでお金を調達する方法

審査なしでお金を調達する方法はいくつかあります。

まずは、審査なしでお金を調達する方法についてご紹介します。

  • 家族や友人からお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシングを利用する
  • 質屋でいらない物を売る
  • 警察に相談する
  • 単発バイトをする

それでは、一つずつ見ていきましょう。

家族や友人からお金を借りる

家族や友人からお金を借りられるならば、これに越したことはありません。

当たり前ですが、審査などはないため基本的に誰でも借りられます。

家族や友人お金を借りる場合は、「なぜお金が必要なのか」・「いつまでに返済できるのか」などの明確な理由をしっかり話しましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する

現在手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合、コンビニのATMなどで即日お金を借りられます。

キャッシング枠が付いていれば、審査が必要ありません

質屋に質入れする

今すぐ現金が必要な方は質屋で質入れという方法もあります。

質屋は自分の所有する品物を担保にしてお金が借りられる仕組みです。質屋に質入れをすると、直ぐに現金の調達が可能です。

さらに、売りたくない物を質入れしたとしても、期日までにお金を返済すると、質入れした品物は手元に戻ってくるため、安心です。

ブランド品や貴金属が手元にある方は質屋に行ってみるのもありです。

警察に相談する

警察では、「公衆接遇弁消費」というお金が借りられる制度があります。警察署や交番などで借受願書を記入するとお金を借りられます。

その場で現金を借りられますが、財布を紛失してしまったトラブル時など、借りられる対象は狭いということだけ覚えておきましょう。

単発バイトをする

数千円や1万円前後の現金が今日中に欲しいという方は単発バイトをするのもありです。

単発バイトは即日振込や日払いの仕事もあるため。金欠時の救世主です。

高単価の単発バイトならば1日1万円以上お金をもらえることもあります。

審査なしでお金が借りられるカードローンはない

審査なしでお金が借りられるカードローンはない

結論から言うと、審査なしでお金を借りられるカードローンはありません。

金融庁の方針や賃金業法により、審査なしでお金を貸し付けるのは禁止されています。

まずは審査がない金融会社を探すのではなく、審査に通りやすい金融会社を探す必要があります。

カードローンなどは審査がある

先ほどもお伝えしたように、カードローンにはどれも審査があります。

そのため、カードローンでお金を借りる際は各カードローン会社の審査を通過する必要があります。

カードローンの審査のポイントは以下の通りです。

  • 収入が安定している
  • 借入総額は年収の3分の1以下
  • 借入希望額を少額にする

カードローン会社でお金を借りる場合は借入が数千円だとしても審査基準を満たさないとお金を借りられません。

カードローン会社は「アイフル」・「レイク」・「アコム」などたくさんありますが、どれも審査があることを覚えておきましょう。

カードローンの審査が通らない理由は申込ブラックの可能性あり

カードローン会社にてお金を借りようと思っていても、審査を通らなければ意味がありません。

審査なしでお金を借りたいと思っている方は、自分が審査を通過できるかわからない、以前審査に落ちたことがあるからとの理由で、審査なしでお金を借りる方法を探している方も多いでしょう。

審査が通るのか心配になる方は、まず審査を通らない原因を知る必要があります。

カードローンの審査が通らない主な原因は以下の通りです。

  • 同じ勤務先で現在勤続年数が半年~1年未満
  • 過去にクレジットカードやカードローンの借入または返済の遅延がある
  • 申込時に嘘の申告をしてしまった
  • 同時期に複数のカードローン会社に申込をしている

まずは自分がこれらに当てはまるかを確認しましょう。

カードローンの審査では、申込者の返済能力を確認するために返済する能力があるのかを特に重要視することが多いです。

また、同時期に複数のカードローン会社に申込をしてしまうと「申込ブラック」となり、あなたが「相当お金に困っている人」と認識されてしまいます。

そのような場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

自分の信用情報などは確認できる

審査なしでお金を借りたい理由の一つとして、「自分はブラックだから…」という場合もあると思いますが、いわゆる「ブラック」という状態に、本当に該当しているのでしょうか。

金融ブラックと呼ばれる状況になる判定基準はいくつかあり、特に重要になってくるのはクレジットカードやカードローンの支払いを「61日以上」滞納した場合や「無断で」滞納した場合です。

クレジットカードやカードローンの支払いをするのを忘れてしまい、1ヶ月遅れて支払っている場合などはブラックになっていない場合もあるため、安心してください。

自分がブラック登録されているかについての信用情報は、手数料(1,000円程度)を支払うことで開示請求できます。

自分の信用情報は第三者機関である「CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関)」・「JICC(指定信用情報機関)」などで情報の開示が可能です。

しかし、情報の開示ができるまで「そんなに待てない!今すぐにお金が必要なんだ!」という方もいるでしょう。

確かに、郵送で情報の開示を依頼する場合は、書類が到着後10日前後かかる場合がありますが、インターネットや直接開示窓口で申請すると、即日で自分の信用情報が確認できます。

「今日中にお金が必要!」「カードローンの審査に通過するか分からない」という方は最短1時間以内で確認できるため、まずは自分がブラックなのかの確認をおすすめします。

審査なしの業者は存在しない

審査なしでお金を金融機関から借りるのは不可能です。

消費者金融のカードローンでも、銀行のカードローンでも必ず審査はあります。

そのため、万が一自分がブラックになっている場合は、消費者金融や銀行でもお金を借りるはほぼ不可能と言って良いでしょう。

カードローンでお金を借りることは諦めて違う方法を考えましょう!

こちらの記事ではカードローン以外でお金を借りる方法も末尾にてご紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

ブラックに入っていない場合はカードローンの審査に受かる可能性があります。

即日お金を借りたい場合は消費者金融がおすすめ

即日お金を借りたい場合は消費者金融がおすすめ

今すぐにお金が必要な場合、消費者金融のカードローンが手っ取り早いです。

審査も30分前後で終わることが多く、審査への通過によって申込からすぐにお金を借りられます。

消費者金融なら即日お金が借りられる

消費者金融は「プロミス」・「アイフル」・「アコム」・「レイク」など複数の会社がありますが、どれも基本的に即日、最短30分程度でお金を借りられます。

また、銀行が休みの土日祝日などでもお金を借りられるため、急ぎでお金が欲しい方にとってはとても嬉しいカードローンです。

消費者金融でお金を借りる際は審査内容を確認する

消費者金融でお金を借りる際、各カードローン会社によっても審査にかかる時間や審査内容が多少異なります。

また、先ほども説明した通り複数のカードローン会社に同時に申込をしてしまうと、「相当お金に困っている人」と判断されてしまうため、審査の時間中に審査が通らなかった時のために他のカードローンへの申込はあまりおすすめしません。

では、各カードローン会社の審査内容や特徴を見ていきましょう。

プロミス

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
プロミス年齢20歳以上69歳以下本人に安定した収入あり学生・主婦でもアルバイトなど安定した収入があれば申込可能最短30分4.5~17.8%1~500万円最大30日間

プロミスは2021年顧客満足度調査「ノンバンクカードローン1位」の実績を持つカードローン会社です。

原則24時間借入・返済が可能で土日祝・夜間でも申込できます。

※新規契約時点での融資上限は50万円

アイフル

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
アイフル満20歳以上69歳以下安定した収入と返済能力がある方最短60分3.0~18.0%1~800万円最大30日間

アイフルには表にて紹介したキャッシングローン以外にも「ファーストプレミアムカードローン(アイフルご利用初めての23歳以上の方が対象)」・「SuLaLi(女性向け、満20歳以上の方が対象)」などがあり、それぞれ金利や限度額などが異なります。

自分の借入したい額などを比較しながら、自分に合ったプランの申込をしましょう。

申込は「電話」・「専用アプリ」・「Web」・「無人店舗」からできます。

アコム

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
アコム20歳以上の安定した収入と返済能力の有する方で、当社基準を満たす方最短60分3.0~18.0%1~800万円最大30日間

アコムはインターネットからでも簡単に申込が可能です。

また、借入できるか不安な方は「3秒診断」で簡易的に自分が借入できるか診断できます。

追加で融資を受けたい場合も専用アプリから24時間最短1分で借入が可能なため、非常に便利です。

レイク

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
レイク満20歳以上70歳以下の方安定した収入のある方(パートやアルバイトで収入がある方も可Web申込で最短60分4.5~18.0%1~500万円最大180日間

レイクALSAは21時(日曜日は18時)までのご契約完了で当日中にお振込みが可能になります。

他のキャッシングローン会社よりも時間が決まっているため、即日お金を借りたい場合は時間も確認する必要があります。

しかし、Webからの申込なら24時間365日受付をしているため、すぐにお金が必要な場合はWebからの申込をおすすめします。

SMBCモビット

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
SMBCモビット満20歳以上69歳以下の方安定した定期収入のある方(アルバイト・パート・自営業・派遣社員の方も利用可能最短60分3.0~18.0%1~800万円最大30日間

SMBCモビットは「カード申込」・「Web完結申込」にて申込できます。

「カード申込」の場合は少ない入力情報で融資可能かについて確認できるため、審査が通るかどうか不安な方は「カード申込」から申込をおすすめします。

ベルーナノーティス

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
ベルーナノーティス
20歳~80歳で本人または配偶者に安定した収入がある方
最短即日4.5~18.0%1~300万円最大14日間

ベルーナノーティスは最大14日間利息0円でお金を借りられます。

また、自分に安定した収入がなくても、配偶者に安定した収入がある場合は借入可能になります。

そのため、専業主婦の方や学生などでも審査に通過できます。

現在オリジナルQUOカード10,000円分プレゼントキャンペーンも開催しているため、よりお得に契約できます。

ノーローン

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
ノーローン満20歳~80歳安定した収入がある方(アルバイト・パート・派遣社員も可能)最短即日4.9~18.0%1~300万円最大7日間

ノーローンは公式サイトにて24時間365日申込できます。

また、「おまとめローン」にて他社からの借り入れもまとめて一本化することで、月々の負担を軽減できます。

J.Score

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
J.Score20歳以上かつ日本国内に居住されているお客様最短即日0.8~15.0%10~1,000万円なし

J.Scoreは22時55分までのお借入申込で即時にお金を借りられます。

手続きはスマホやパソコンから完結するため、いつでもどこでも申込できます。

また、担保や保証人は不要になります。

au PAY スマートローン

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
au PAY スマートローン満20歳~80歳安定した収入がある方(アルバイト・パート・派遣社員も可能)最短即日2.9~18.0%1~100万円なし

au PAY スマートローンは入力情報が少なく、カードレスでお借入れもご返済もスマホ一つで完結できます。

また、セブン銀行スマホATMで原則24時間ご利用可能です。

パソコン、スマホで24時間365日申込可能です。

LINEポケットマネー

消費者金融利用条件お金を借りられるまでにかかる時間金利限度額無利息期間
LINEポケットマネーLINE Payを利用している人が融資対象運転免許書やマイナンバーカードによる本人確認が必須20歳以上で働いている方であれば誰でも申込可能審査にはAIスコアのLINEスコアが使用される最短即日3.0~18.0%5~300万円なし

LINEポケットマネーはLINE Payを利用していて、20歳以上であればどなたでも借入できます。

ただし、無職の場合は借入できないことは覚えておきましょう。

ニートでもお金を借りられる

ニートでもお金を借りられる

先ほど紹介したカードローン会社は基本的に、正社員やアルバイトなどのように定期的に収入のある方しか申込できません。

そのため、現在働いていない方はカードローン会社でお金を借りられません。

しかし、現在働いていなくてもお金を借りられます。

働いていなくてもお金を借りる方法は以下の通りです。

  • 国の融資を受ける
  • 生命保険の契約者貸付を利用する
  • 内定者ローンを利用する

それでは、一つずつ見ていきましょう。

国の融資を受ける

現在あなたが失業中であれば、国の「総合支援資金」という制度を利用できます。

総合支援資金とは、あなたが住んでいる自治体の市役所で申請が可能で、失業や減収などを理由に、生活が難しい方を対象にお金の貸付をしてくれる制度です。

総合支援資金の対象者は以下の項目を満たしている方です。

  • 住民税が非課税の低所得者
  • ホームレスではなく、住む所がある方
  • 支援を受けることで自立が見込める方
  • 他からの借入がない方
  • 自立支援、就労支援を受けることに合意する方

ニートで収入がない方でも満たせる条件となっています。

また、総合支援資金は3つの種類があり、それぞれで借入できる金額が異なります。

資金支援の種類借入できる金額
生活支援単身世帯の場合は月に15万円
住居入居支援40万円
一時生活再建60万円

生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険の契約者貸付を利用する

現在「終身保険」・「養老保険」・「個人年金保険」・「学資保険」などに加入されている方は生命保険の契約者貸付を利用できます。

契約者貸付は、保険を解約した時に支払われるお金を元にして、その範囲内でお金を借りられます。

借りられる金額は保険種類や内容によっても異なりますが、解約払戻金の8割~9割ほどお金が受け取れます。

現在何かしらの保険に加入している方は、各保険会社に問い合わせて確認してみてください。

内定者ローンを利用する

現在あなたが学校を卒業後、会社に内定が決まっているのであれば、「内定者ローン」を利用できます。

内定者ローンは内定先の会社からお金を借りるのではなく、銀行などで借りられる学生向けローンです。

以下の条件を満たしている場合、内定者ローンで借入できます。

  • 満18歳~30歳未満の方
  • 内定証明書の提出ができる方
  • 対象の地域に勤務予定の方

内定ローンの審査が通った場合は各銀行やろうきんによっても異なりますが、5万円~100万円ほど借入できます。

生活保護を受ける

上記で紹介した借入方法などでも借入ができない場合、生活保護を受けることで生活支援金を受け取れます。

生活保護は無職の方でも受け取れますが、持ち家がある方や生命保険などに加入されている方、仕送りやお小遣いを定期的にもらっている方などは、生活保護を受けれない場合もあります。

生活保護を受ける条件をクリアした場合、平均して10万円~20万円受け取れます。

しかし、生活保護を受給すると、贅沢ができなくなります。

定期的にケースワーカーが様子を見に来るため、不要な物を購入するとバレてしまうため、注意が必要です。

借金がある場合は自己破産で借金帳消しできる

お金を借りたい理由が借金の返済の場合は、お金を借りて返したとしても、また返済日がやってくるため永遠に借金完済できない場合もあります。

その場しのぎでお金を借りて払ったとしても、意味がありません。

このような場合は「自己破産」で借金を全て帳消しできます。

自己破産を利用できる方は以下の条件を満たした方です。

  • 支払い不能であると認められた方
  • 過去7年以内に免責を受けたことがない方

会社によっては従業員貸付制度を利用できる

現在あなたが会社に勤務していてどうしてもお金が必要な場合は、従業員貸付制度を利用できます。

従業員貸付制度とは、在職している社員が勤務先の会社からお金を借りられる制度のことです。

福利厚生として利用できるため、先ほど紹介した消費者金融やカードローンから融資を受けるよりも金利などがないのが特徴です。

給料の前借りと勘違いする方もいますが、従業員貸付制度は給料の前借りとは異なり、会社の利益から捻出されるため、翌月以降の給料が減ることはありません。

ただし、従業員貸付制度を利用するには、社内審査に通過する必要があるため、従業員全員が従業員貸付制度を利用できるわけでは無いため、注意しましょう。

審査といっても、CICやJICCへの照会を行うわけではなく、審査は社内だけで完結するため、カードローン会社から借入していたり、過去に返済の滞納がある場合でも関係ありません。

審査なしのカードローンはないが、無職や求職中の方でもお金を借りられる

審査なしのカードローンはないが、無職や求職中の方でもお金を借りられる

これまで、様々な条件でお金を借りる方法や、無職でも審査なしでお金を借りる方法などをご紹介してきました。

今すぐお金が必要な方は、まずキャッシングローン会社の審査をしてみると良いでしょう。

万が一ブラックに入っている場合は加入している保険などを見直してみましょう。

目次
閉じる