カードローンの借り換えで賢く返済|低金利で減額も可能

カードローンの借り換えで賢く返済|低金利で減額も可能

カードローンを利用中、月々の返済を負担に感じている方も多いのではないでしょうか。

現在の金融機関から別の会社へ借り換えることで、月々の返済額や返済総額を減らせる可能性があります。

借り換え先を選ぶには、現在の借入先より低金利のカードローンであることや、返済手数料が発生しないかなどを見極める必要があります。

金銭に余裕がなく、延滞した過去があると返済能力を疑われ、借り換え時での審査も通らない場合がありるため、注意が必要です。

この記事でわかること
  • カードローンの借り換えとは現在の借入先から別の金融機関へ乗り換える方法
  • カードローンの他にクレジットカードのキャッシングやリボ払いも適用される
  • より金利の低いカードローンを選ぶことで返済総額を減らせる可能性がある
  • 銀行カードローンは返済能力が認められることで利用限度額が上がる可能性もある
  • 複数の消費者金融で借入がある場合は「おまとめローン」がおすすめ
  • 借り換える時に返済期間を延長すると完済までに時間がかかり利息も増える
  • 借り換える場合は再度審査が必要
  • 申込時での年会費や保証料は無料な場合がほとんど
  • 実質年率が記載されていないカードローンは違法である
  • カードローン申し込みはインターネット上で完結できる会社が増えている
目次

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えとは、現在の借入先から他の金融機関へ乗り換えることを指します。

金利の低いカードローンへ借り換えることで、返済総額を減らせたり、審査によっては利用限度額を増額できる可能性があります。

ただし、貸金業者が取り扱っているカードローンは、貸金業法に定められた総量規制により「借入総額が年収の3分の1」と定められています。

これは主に、消費者を過度な借入から守るため、返済能力に応じた金額を貸し付けるために導入されました。

銀行や信用金庫などは貸金業者ではないため、該当しませんが、「借入総額が年収の3分の1」を借入限度額の基準にしている会社も多く存在します。

銀行以外にも総量規制の例外・除外されるものがあります。

総量規制の対象になるもの

  • 消費者金融…一般の個人に対して行う融資
  • 事業者金融…個人商店や中小企業へ行う融資
  • クレジットカードのキャッシング(商品を購入するショッピング枠を除く)

総量規制がある上で例外・除外されるもの

例外貸付…総量規制対象であるが顧客に返済能力があると判断できる契約

・借入残高を段階的に減少させるなど、顧客に一方的に有利となる借り換え

※借り換えやおまとめローンで、現在の返済額や返済総額を減らし、追加で担保や保証人を取らないといった契約を指します。

・顧客やその親族などの緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付

・葬儀費用や香典など、社会通念上 緊急に必要と認められる費用を支払うための資金(10万円以下、3か月以内の返済などが要件)の貸付

・配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付 ※配偶者の同意が必要です

・個人事業者に対する貸付け、または新たに事業を営む個人事業者に対する貸付

※開業資金や運転資金など、事業に充てる資金であれば借入計画書(事業計画書、収支計画書及び資金計画書)、確定申告書などで返済能力を提示し、返済能力を認められることが条件

※開業資金や運転資金など、事業に充てる資金であれば借入計画書(事業計画書、収支計画書及び資金計画書)、確定申告書などで返済能力を提示し、返済能力を認められることが条件

・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

※貸付けが行われることが確実であることが確認でき、1か月以内の返済であることが要件

除外貸付…総量規制の対象外であり、借入額が借入残高に算入されない契約

・不動産の建設や購入、リフォームに必要な費用の貸付(住宅ローン)

・自動車の購入に必要な費用の貸付(自動車ローン)

※自動車の所有権を貸金業者が取得、又は譲渡により担保の目的となっているもの

・本人または親族の高額療養費の貸付

・有価証券を担保とする貸付

・不動産を担保とする貸付

※個人顧客または担保提供者の居宅などを除く

・売却予定不動産の売却代金により返済される貸付

引用元:日本貸金業協会

カードローンを借り換える仕組み|より条件の良いカードローンへ乗り換えられる

カードローンの借り換えとは、新しく契約した金融機関からの融資を使い、現在の借入先へ一括返済するという仕組みです。

カードローンだけでなく、クレジットカード付帯のキャッシングや、リボ払いをカードローンへの借り換えも可能です。

より金利の低いカードローンへ乗り換えることで返済総額を減らせたり、ATM手数料が無料の金融機関を選んで少しでも負担を少なくしたりと、様々なメリットがあります。

借り換えには再度審査が必要になりますが、信用情報に問題なければ利用限度額を増やせる可能性もあります。

カードローンの借り換えは、現在の返済状況を見直すきっかけに繋がります。

カードローンを借り換える方法|銀行と消費者金融で比較

カードローンを借り換える方法|銀行と消費者金融で比較

カードローンは、銀行のカードローンとフリーローン、消費者金融の借換え専用ローンで借り換えができます。

それぞれの利用方法をご紹介します。

消費者金融から銀行カードローンへ借り換える

消費者金融から銀行のカードローンへ借り換える一番のメリットは、銀行の方がより低い金利である点が挙げられます。

また、銀行は総量規制の対象外であり、年収3分の1以上借りることも可能であるため、利用限度額を増やせる可能性もあります。

ただし、銀行によっては総量規制を借入限度額の基準にしているところもあるため、返済能力が認められることが第一条件だといえます。

とはいえ、全ての銀行がカードローンの借り換えに積極的であるとも限りません。

ホームページ上などで「借り換えOK」といった表示や、借り換え専用ローンを提示している銀行の場合、相談に乗ってくれる可能性も上がります。

消費者金融から銀行フリーローンへ借り換える

現在借入している消費者金融より、低金利のフリーローンへ借り換えることで、返済総額を減らせるメリットがあります。

カードローンとの違いは、フリーローンは借入が1度きりしかできません。

フリーローンの使い道はカードローンと同じく自由ですが、申込時に金融機関へ伝えた用途でしか使用できません。

裏を返すと、目的を借金返済に集中できるため返済計画もスムーズになります。

消費者金融の借り換え専用ローンで借り換える

消費者金融の借り換え専用ローンは、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングの借り換えができます。

複数の消費者金融で借りている場合、おまとめローンとしても利用可能です。

借り換えローンとおまとめローンの違い

借入先を変更する場合、借り換えローンとは別におまとめローンも一つの手段として挙げられます。

例外貸付にあるように、銀行だけでなく消費者金融でも借り換えが可能です。

ただし、ローンの借り換えを検討する前にご自身の現状を把握し、目的を持って行う必要があります。

借り換えローンは、借金を別の金融機関でより金利の低いカードローンへ乗り換えることで、月々の返済額や返済総額を減らすことが目的です。

一方、おまとめローンは複数の金融機関からの借入金を、一つの会社にまとめて返済するといった、債務の一本化を目的とした仕組みです。

複数のカードローンを契約しており、決済日や支払方法がバラバラで管理が面倒に感じている方にとっては、おまとめローンがおすすめです。

では、カードローンの借り換えはどういった人に向いているのでしょうか。

カードローンを借り換える前に、自分はどちらに当てはまるかを確認しましょう。

借り換えしたほうがいい人
  • 現在借り入れしている金融機関の金利が高い
  • 月々の支払い額の負担が大きい
  • キャッシングやリボ払いをしている
借り換えしないほうがよい人
  • 現在借り入れしている金融機関の金利が低い
  • 返済期間が短い、支払金額が少ない
  • 過去に延滞などがあり審査に通らない可能性がある

カードローンを借り換えるメリット

カードローンを借り換えるメリット

カードローンを借り換えるメリットは、返済額や総返済額を減らせる可能性があること、最寄りに自社ATMが設置してある銀行を選んで手数料や利便性を見直せるといった点が挙げられます。

借り換え先が現在より低金利であれば返済総額が減らせる

現在の借入先と比較して、現在より低金利で借り換えられる金融機関であれば、返済総額を減らせます。

カードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングやリボ払いからの借り換えにも有効です。

金利もたった数%変わるだけなら手続きも面倒だし、このままでいいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、金利は1%減っただけでも利息に大きく影響するので、現在の支払い状況を見直すことはとても重要です。

近くに利用しやすいATMがある金融機関を選んで利便性を見直せる

カードローンは、銀行の自社ATMや、コンビニやスーパーなどに設置された提携ATMでも返済できます。

自社ATMと提携ATMの違いは、手数料の大きさです。

自社ATMを利用する場合、原則無料となっている一方で、提携ATMだと時間や借入・返済額によって110円~220円の手数料が発生します。

また、引っ越し等で借入時とは違った環境になり、近くに利用できるATMがなく返済や借入が不便に感じている方にもおすすめです。

小さなことに感じるかもしれませんが、カードローンの返済が長期化するにつれ負担も大きくなります。

借り換えする際は、金利の比較と同様に確認してみてください。

ATM利用時の手数料比較

自社ATM提携ATM(返済)提携ATM(借入)
三井住友銀行カードローン無料無料無料
auじぶん銀行カードローン無料無料無料
みずほ銀行カードローン無料110円(時間外、深夜220円)110円(時間外、深夜220円)
楽天銀行スーパーローンなし原則無料
一部地方銀行など有料あり1万円以下:110円1万円以上:220円
無料
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック無料無料無料
アコム借り換え専用ローン無料1万円以下:110円1万円以上:220円1万円以下:110円1万円以上:220円
アイフル
かりかえMAX
無料1万円以下:110円1万円以上:220円1万円以下:110円1万円以上:220円

カードローンを借り換えるデメリット

カードローンを借り換えるデメリット

カードローンを借り換える上でもちろんデメリットも存在します。

返済状況を踏まえてデメリットが大きく影響しないかを確認しましょう。

返済期間を延長すると完済までに時間がかかり利息も増えてしまう

カードローンを借り換えると、金利や返済期間によって月々の返済額が変わります。

しかし、完済までに期間がかかると同時に利息も発生し、結果的に返済総額も借り換え前より増えてしまいます。

返済期間を延長すると月々の返済額も減るため、一見負担が減って楽になったような錯覚に陥ります。

返済総額は「元金+利息」であり、元金を減らすにはしっかりと返済していくしかありません。

利息を減らすことで返済総額の減額につながるため、借り換えする際には注意が必要です。

改めて審査を受ける必要がある

カードローンの借り換えは、金融機関の変更に伴い改めて審査を受ける必要があります。

現在借入ができているからといって、審査に通る保証はありません。

まず第一に、信用情報に問題がないことが大前提です。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンを利用した借入、返済や支払い状況を信用取引履歴として記録された情報です。

過去に延滞したことがあると、信用情報に傷がつき、カードローンの審査に大きく影響します。

また、勤務先情報や雇用形態、勤続年数も審査に関わる可能性があります。

かといって、転職して間もないといった理由だけで審査に落ちることはありません。

現在アルバイトやパートであったり、転職を繰り返し勤続年数も短かったりと、年収が不安定と判断されるケースもあり、会社によって基準は様々です。

あくまでも審査基準は、返済能力があるかで判断されます。

借り換えする際の注意事項|自分に合った借り換え方法をシミュレーションする

借り換えする際の注意事項|自分に合った借り換え方法をシミュレーションする

借り換える際にはいくつか押さえておくべき注意事項があります。

利用するカードローンによっては、メリットであってもご自身の利用状況によってはデメリットに繋がる可能性もありますので注意が必要です。

フリーローンや消費者金融の借り換え専用ローンでは追加融資が受けられない

フリーローンや消費者金融の借り換え専用ローンは、カードローンと違い借り入れが1回に限られるため、追加融資が受けられません。

フリーローンは1つの目的でしか借りられないことから、他の用途で借りたい場合は再度申し込む必要があります。

消費者金融の借り換え専用ローンは、総量規制の例外貸付となっていることから、融資額は返済のみに充てることが条件となっています。

逆に返済だけを目的として借り換えることで、今後追加で借りないよう制限をかけられるといった点ではメリットだと言えます。

複数の金融機関を比較してよりメリットがある方法を選択する

カードローンを借り換える場合は、複数の金融機関を比較して、よりメリットがある方法を探してください。

一社だけを見て決めるのではなく、様々な銀行や消費者金融を比較することで、現在の状況に見合うカードローンへの借り換えが可能になります。

実際に利用する際にメリットが十分にあるか、デメリットの面が大きく影響しないかを判断する必要があります。

各金融機関のホームページで返済シミュレーションもできるため、金利の確認やおおまかな利息の予想も立てられます。

一度借り換えた後になって不利な状況に陥ったとしても、すぐに別の会社に借り換えることは信用情報を疑われてしまう恐れがあります。

借り換えるには、慎重に見極めて選んでみてください。

「実質年率」が表記されていないカードローンは違法

カードローン契約時、多くの会社では手数料や保証料を無料に設定しています。

住宅ローンを契約すると、融資手数料や保証料など数十万円の諸費用がかかりますが、カードローン専用の商品であれば、年会費や入会費も発生しません。

カードローンの場合、元金以外の利息や手数料を含めた金額の年率を「実質年率」で表記することを景品表示法で定められています。

手数料や保証料が無料であれば、金利=実質年率と考えて問題ありません。

しかし、ごく一部の会社で金利と実質年率が異なるケースが存在します。

例えば、金利10%で200万円借り入れ、1年後に利息20万円、保証料と手数料で各2万円請求された場合、(15万円+2万円+2万円)÷200万円×100=12.0%となります。

金利10%、実質年率12%という計算となり、実際の支払い時には実質年率が採用されます。

カードローンの契約書に実質年率が表記されていなければ法律違反です。

少しでも疑問を感じたら、金融機関に確認を取るか、利用しないことをおすすめします。

借り換えするまでの一連の流れ|申し込みから借り換えが行われるまで

では、カードローンを借り換えるにはどういった方法で行うのでしょうか。

申し込みから借り換えが行われるまでの一般的な流れをご説明します。

申込の流れ

借り換えする際の注意事項|自分に合った借り換え方法をシミュレーションする

1.借り換えを検討している金融機関へ相談する

借り換え先として複数の金融機関の相談窓口で具体的な説明を受け、返済方法を確認し、試算を出してもらいます。

自分の希望する返済プランに沿った金融機関を選ぶことが大切です。

2.必要書類を準備する

借り換え先を決定したら、申込に必要な書類を準備します。

必要な書類

カードローンを申し込む際、主に「本人確認書類事項」と「収入証明書類」を提出します。

必要書類は金融機関によって異なるため、必ず確認が必要です。

本人確認書類事項(1点もしくは2点)
  • 運転免許証または運転経歴証明書(国内で発行されたもの。裏面にも記載があれば両面を提出)
  • パスポート(写真および現住所のページ)
  • マイナンバーカード(写真なしの通知カードは不可)
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 住民票の写し(発行から6ヶ月以内のもの)
  • 申込者本人の各種健康保険証

本人確認書類事項に記載されている住所が正しく記載されているかを確認してください。

引っ越し後で表記が異なる場合は、変更が必要です。

収入証明書類(いずれか1点)
  • 源泉徴収票(給与所得)
  • 給与明細書
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 課税証明書(給与収入金額のある最新のもの)
  • 納税証明書(最新のもの)

審査内容によって書類の指定や審査後に追加で提出依頼があるケースもあります。

金融機関の指示に従って準備しましょう。

3.借り換えローンに申し込む

借り換え先の金融機関によって申込方法は異なります。

パソコンやスマートフォンによるインターネットで申し込める会社が増えています。

24時間いつでも申し込むことができ、必要書類の提出も写真をアップロードすることで簡単に行えます。

その他、店舗来店や電話、FAX、ローン契約機でも申し込みできます。

4.金融機関による審査が行われる

本人確認書類など必要書類が揃うと営業日内に審査が行われます。

金融機関によっては審査に数日かかる場合もあります。

5.融資が実行される

審査結果はメールアドレスか電話で通知され、後日、カードローン専用カードが郵送されます。

6.現在の借入先へ一括返済する

融資金をATMで引き出し、現在の借入先へ銀行振込かATMで一括返済します。

借入残高が0円になった時点で現在の借入先は完了です。

7.新しい借入先へ返済を開始

借り換え先へ毎月の返済が開始されます。

まとめ

カードローンはより金利の低い金融機関へ借り換えることで返済総額を減らせる可能性があります

カードローンはより金利の低い金融機関へ借り換えることで返済総額を減らせる可能性があります。

ただし、借り換えるには再度審査が必要であり、一度借り入れているからといって必ずしも審査に通る訳ではありません。

また、借り換えたことによって手数料を多く支払っていたり、返済期間が延びて利息が増えたりと、結果的に損をしてしまうケースも考えられます。

現在の借入残高や返済状況から借り換え先での返済プランと照らし合わせて見極める必要があります。

メリット・デメリット、注意点を十分理解した上で、計画的に賢く返済しましょう。

目次
閉じる